みやぎ森林・林業未来創造カレッジ

最新情報 News
最新情報 News

News

最新情報

みやぎ森林・林業未来創造カレッジと
機構の最新情報をお届けします。

スマート林業・森林調査講座Ⅱ&森林・林業デジタルリテラシー向上研修を合同実施しました!

スマート林業・森林調査講座Ⅱ第2回&森林・林業デジタルリテラシー向上研修第1回を合同実施しました。
森林・林業デジタルリテラシー向上研修は今年度からの新規研修で、デジタルデータやICT機器の利活用ができ、導入の効果や問題点等を検討することができる人材の確保・育成を目的としています。
リアル参加9名、オンライン参加6名の計15名が参加しました。

令和4年6月27日(月曜日)
・オンライン講義「本格的なデジタル社会に移行するためのデジタル・リテラシーとは」(株式会社日本総合研究所 調査部 岩崎 薫里 氏)


・情報提供「宮城県の取組状況」(宮城県林業技術総合センター普及指導チーム)
・情報提供「異分野技術も活用した林業イノベーションの展開」(令和3年度林業機械化シンポジウム動画配信)

広葉樹ビジネス講座Ⅱを開始しました!

広葉樹ビジネス講座Ⅱの第1回を実施しました。
(本研修生は、令和3年度に広葉樹ビジネス講座Ⅰを受講しています。)
7名が参加し,有限会社宍戸材木店の宍戸様を講師に広葉樹(ユリノキ)製材の検討等を行いました。

・有限会社宍戸材木店(大崎市岩出山) 広葉樹(ユリノキ)の製材状況を検討・見学
・加美町中新田公民館で 広葉樹製品展示PR状況を視察 等

広葉樹ビジネス講座Ⅰを開始しました!

令和4年6月1日(水)に広葉樹ビジネス第1回を実施しました。

本研修は県内の林業従事者等を対象に,森林資源の半分を占める広葉樹資源の有効活用を図るため,広葉樹林施業の検討から,素材生産・製材加工・最終製品加工までのサプライチェーンと流通・販売に関するバリューチェーンを考慮したビジネスプランを構築し,資源の循環活用と生態系に配慮した広葉樹林の持続的な管理を担う技術者の育成・確保を図ることを目的としております。

第1回は森林経営管理技術者養成研修と合同で開催したため,計21名の参加がありました(うち広葉樹ビジネス講座Ⅰ 9名)

初回ということで,広葉樹に研究を行っている東北大学名誉教授清和研二氏を講師に,講義とセンター内の広葉樹林の現地調査を行いました。広葉樹の最新の研究結果を学ぶ貴重な機会となりました。

スマート林業・森林調査講座Ⅱを開始しました!

スマート林業・森林調査講座Ⅱ第1回を実施しました。
(本研修生は、令和3年度にスマート林業・森林調査講座Ⅰを受講しています。)
リアル参加3名、オンライン参加3名の計6名が参加し、課題や要望等について意見を交わしました。
その結果、「ドローン測量を現地でしてみたい」「林業に活用できる最新のICT技術を知りたい」「県内事業体のICT機器活用状況を視察したい」などの意見が出ました。今回の意見を基に、これからの研修内容を構成していきます。

令和4年6月6日(月曜日)(担当:宮城県林業技術総合センター)
・意見交換「ICT技術による森林調査及び森林施業内容の検討」

〈 前の記事

次の記事 〉

■カテゴリー